消えない眉の作り方とは

私は眉を整えた後に、茶髪に合わせて眉も茶色いまゆずみを使って描いています。
でもこれ、何かと消えやすいので、あるとき鏡を見たら眉が消えてた!
と焦ってしまうんですよね。なんとか消えにくい眉を作るにはどうしたらいいんだ~?
と探していたところ、眉を濃いめの色で書くと消えにくいことがわかりました!

つまり私の場合だと、こげ茶のまゆずみを使うといいってこと。
でもなかなかこげ茶って市販されていないような……。
そこで考えたのが、アイシャドウやアイライナーで眉を描くことです。

ただ、リキッドタイプだと油分が多くて流れてしまいやすくなります。
そこでペンシルタイプを選んでみたのでした。
すると、ペンシル型ってもちろん書きやすいのもあるし、確かに落ちにくいです。

そして形よくなかなか眉を描けない私は、下敷きみたいなものを用意して描くようにします。
下敷きまで使って描くのには抵抗があったんだけど、
実は形のいい眉の一番の近道じゃないかと思うようになったんですよね。
人の目がある時には時間もかけていられないので、直書きをしますが、
自分一人だった場合に下敷きありで書くのです。

下敷きがあると、練習にもなりますし、いざ直書きするときに
失敗しにくくなるのでやっぱり使ってよかったと思いました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ